結婚式と披露宴の心得





結婚準備プラン

  結婚準備プロポーズから新居まで                 
めぐり逢った二人の自然のなりゆきを大切にするために! 
結婚への準備、婚約と結納、挙式準備、結婚式と披露宴、新婚旅行と新生活まで、
結ばれたしあわせをかみしめてお二人の人生の素晴らしい一ページにするための
ブライダル・プランの紹介です。

結婚準備プラン

スポンサードリンク

「結婚準備プラン 結婚準備プロポーズから新居まで」トップ > 結婚式と披露宴の心得

神前結婚式の場合の心得


式場へ入ります。係員の案内で新郎を先頭に
媒酌人、新婦、媒酌人婦人、双方の父母、新郎の親族
新婦の親族、順で入り、それぞれ神殿に一礼し左右に
分かれます。
神殿に向かって右に新郎、左に新婦が並び
右側が新郎側の親族、左側が新婦の親族で
入場の順に着席します。式次第は次の様な順序で
すすめられます。

◆斉主以下着席・・・一同着席し、結婚式開始の口上で始まりです。
◆修祓・・・清めのおはらい
◆・・・祝詞奏上・・・斉主が神殿に二人の婚姻を告げ、門出を祝い
家門の繁栄を祈願します。
◆三々九度・・・新郎新婦が巫女の酌でお神酒を三回に分けて飲みます。
◆誓詞奏上・・・新郎新婦は神殿に進み、新郎が誓いのことばを読み上げ
最後の名前は、それぞれが読みます。
◆玉串奉奠・・・新郎新婦は、玉串を持って机の上にささげ、二拝、二拍手
一拝します。終わったらお互いに背を向けないよう、中まわりして席に
もどります。
◆結婚指輪の交換・・・巫女が差し出す指輪をお互いの薬指にはめます。
◆親族固めの杯・・・両家の参列者は一同起立してお神酒を飲み
親族の契りを固めます。
◆親族紹介・・・新郎側から親族の紹介をします。
◆退出


【以外に歴史の浅い神前結婚式】
結婚式の形で現在最も多いのが神前結婚式で、全体の8割を占めています。
伝統的なスタイルと思われがちですが、広く行われるようになったのは
以外に新しく明治になってからです。
当時皇太子だった大正天皇のご成婚を記念して東京大神宮で
行ったのが最初で、その後は一般の人々があやかってここでの挙式を
希望するひとが殺到。今の神前結婚式の形が出来上がりました。
結婚と披露宴の心得関連エントリー

仏前結婚式

先祖の霊に”結婚”を誓う仏前結婚式仏前結婚式の場合の心得

キリスト教結婚式
結婚の”神聖さ”を重んじる教会結婚式キリスト教結婚式の場合の心得

人前結婚式
無宗教でシンプルな人前結婚式人前結婚式の場合の心得

自宅結婚式
伝統的で親しみやすい家庭結婚式自宅結婚式の場合の心得

シンプルウェディング
新しい時代の結婚式、シンプルウェディング

海外結婚式
エキゾチックな思い出をつくる海外結婚式

披露宴の種類と特徴
現在行われている結婚披露宴の形と特徴について

洋風披露宴
披露宴の種類と形洋風披露宴の場合の心得

和風披露宴
披露宴の種類と特徴和風披露宴の場合の心得

パーティー形式披露宴
費用がかからず自由に明るい感じがするパーティー式披露宴
出すものによってわけられますパーティー形式披露宴の場合の心得


披露宴での心得
新郎新婦の披露宴での心得


スポンサードリンク
メニュー
結婚への準備
婚約と結納
挙式準備
結婚の総予算
結婚式と披露宴の心得
新婚旅行
新生活のスタート
プロフィール


HN  : ひな

地域 : 中部

年齢 : 不詳

家族 : 夫・子供・
キャメ(ハムスター)
リンクについて
リンク集
サイトマップ
Copyrightc 結婚準備プラン 結婚準備プロポーズから新居まで 元気Allrights reserved